SSL(エスエスエル)とは|無料テンプレートでホームページ作成ウェブ講座


SSL(エスエスエル)とは

Secure Socket Layer の略で、簡単に言うと、通信を暗号化して、
通信を安全に行うことです。

Yahoo!家電の説明を引用。
Netscape Communications社が開発した、インターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコル。現在インターネットで広く使われているWWWやFTPなどのデータを暗号化し、プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号、企業秘密などを安全に送受信することができる。SSLは公開鍵暗号や秘密鍵暗号、デジタル証明書、ハッシュ関数などのセキュリティ技術を組み合わせ、データの盗聴や改ざん、なりすましを防ぐことができる。OSI参照モデルではセッション層(第5層)とトランスポート層(第4層)の境界で動作し、HTTPやFTPなどの上位のプロトコルを利用するアプリケーションソフトからは、特に意識することなく透過的に利用することができる。SSL 3.0をもとに若干の改良が加えられたTLS 1.0がRFC 2246としてIETFで標準化されている。

ショッピングサイトや会員サイトなどは、
どうしても個人情報を扱うサイトとなるので、セキュリティは、必須です。

確認する方法としては、
http:// から https:// と『s』が入っていることと、

ブラウザに鍵マークが付くことです。
鍵マーク

」記事トップへ

« Yahoo!ブックマークに登録・追加 | メイン | ひらがなに変換するウェブブラウザ »

。。